深浅測量

最近の深浅測量

ここ最近、弊社が請け負っている深浅測量業務はRTK方式の比率が多くなってきてます。その理由として ・固定点設置が容易に行える。(GNSS機内蔵無線のおかげ) ・高さ精度が数センチレベルである。 ・RTK方式のため、潮位観
深浅測量

港湾深浅測量

今回は港湾の深浅測量です。通常、港湾や外海での深浅測量は 漁船や通船を利用し作業を進めますが、今回は防波堤内だった為、元請け様とも相談し 自社のアペオ丸を出動させました。二人乗りのこじんまりとした測量船です。ちょうど測深
深浅測量

河川横断測量

河川深浅測量です。 GPSと音響測深機で走らせれば 効率良く短時間で出来ます。 が、現場の状況によりそうはいかない 場所もあります。 •水際付近が樹木に覆われGPSが受信出来ない。 •水深が0.5m以下で浅い。 水深が中
深浅測量

NMEA出力

GPSを連動させて深浅測量を行う場合 パソコンにGPSを接続します。 その際、GPSからNMEA出力の設定を受信機側で行います。 実にさまざまな情報が流れ込みます。測位時間、緯度、経度、高度、GPSステータスなどなど・・