UAVグリーンレーザー水面下の取得点群の補正処理

前回の続き

実際の海面下の補正前・補正後の比較図です。

補正後はコース間ズレも補正されて綺麗に重複する。

補正するデータは、あくまで水面下の点群になります。

同時取得している地上部分のデータは、屈折・遅延の補正は必要なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。