トプコンソキアポジショニングジャパンロードショー2015 in 名古屋

トプコンソキアポジショニングジャパンロードショー2015に行ってきました。

『マルチコプターによる最先端の3Dマッピング技術』の講演も受講してきました。

大会議場が一杯になる盛況ぶりでした。

さすがUAV関係は旬ですね。

トプコンが新しく出した解析ソフト『image master uas』 の機能性能が主流の内容でしたが・・・

何やらトプコンさんはUAVと解析ソフトのセット販売での戦略のようで

image master proの既存ユーザーとしては

非常に導入しづらいシステムになっておりました。

ただ、proから有償ではありますがバージョンアップの設定はあるようで。

眠っているproが陽の目を見れればよいけど。

動作確認済みのUAV(現時点では2機)のみのログデータしか

解析に扱えないという、ある意味スペシャル仕様だ。

L1GPS/IMU搭載でUAVの姿勢傾きを同時観測してます。

DSC01354

相互標定なので測地系位置決定にはGCP(地上基準点)は必須です。

単純にGPS/IMUデータと写真データを秒でマッチングさせてるだけの模様。

(ちょっと残念・・・・)

自動標定、ステレオマッチング、今じゃ当たり前でしょ

何百枚もの写真を手動でマッチングさせていたらエラ事かと・・・

山岳や土砂現場でGCP点が打てない現場では位置決定ができません~

何がなんでもGCP点が必要になってきます。

UAVを使わない地上の近接写真測量も写真のインポートが出来ない

みたいなので解析できません(ホントかな・・・・)

proからあった機能で建物等のエッジを緩和させる

ブレイクライン機能はちょっと試してみたい感じ。

将来的にはUAVに関する公共測量の作業規定が整備されてくれば

作業規定に特化したカタチの解析ソフトになるのだろうと期待。

DSC01347

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。